映画『悪と仮面のルール』公式サイト

スタッフ

中村哲平/監督・編集
1979年8月18日生まれ。2001年、渡米し、ロサンゼルスの大学で映画演出を学ぶ。2009年、LAで伊原剛志と共に共同執筆したショートフィルム『A LITTLE STEP』を監督。日本に帰国した後、関ジャニ∞出演の映像作品「8UPPERS FEATURE MUSIC FILM」(10)の脚本・監督をする。本作品は、楽曲提供に横山剣(クレイジーケンバンド)、ウルフルケイスケ(ウルフルズ/THE GO GO GO‘S)、ROCK’A‘TRENCH、HIROKI(Dragon Ash)、DJ KOHNO(ケツメイシ)ら豪華アーティストが参加した。11年からは福山雅治出演のアサヒスーパードライCMの監督を担当。12年、ロックバンド・UVERworldの長編ドキュメンタリー映画『THE SONG』を監督。DVDランキング映画部門において発売初週第一位を獲得。ドキュメンタリー映画ではマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』以来の快挙。その他MVの監督や、アメリカの大学で学んだ際の語学力を活かし、マイケル・ベイ(『アルマゲドン』『トランスフォーマー』)やジョン・ウー(『レッドクリフ』『M:I-2』)と共にCM制作を行うなど、国際的な作品にも多く携わる。14年、全編ロサンゼルスで撮影した映画『ZEDD』を脚本・監督する。日本語、英語、韓国語、中国語の四カ国語を使用したインターナショナルな作品として高い評価を受ける。
黒岩勉/脚本
1973年7月19日生まれ。大学を卒業後、ラジオ・テレビ番組の構成作家となる。2008年、フジテレビヤングシナリオ大賞にて佳作を受賞。09年「世にも奇妙な物語」で脚本家デビュー。代表作にドラマ「謎解きはディナーのあとで」(11/CX)、「ストロベリーナイト」(12/CX)、「dinner」(13/CX)、「すべてがFになる」(14/CX)、「ようこそ、わが家へ」(15/CX)、「貴族探偵」(17/CX)。映画『ライアーゲーム ザ・ファイナル』(10/松山博昭監督)、『ライアーゲーム ―再生―』(12/松山博昭監督)、『映画 謎解きはディナーのあとで』(13/土方政人監督)、『ONE PIECE FILM GOLD』(16/宮元宏彰監督)など。ドラマ『僕のヤバイ妻』(16/CX)で、第3回ASIA RAINBOW TV AWARDS最優脚本賞と第5回市川森一脚本賞を受賞。
鯵坂輝国/撮影
1961年生まれ。技術会社を経てフリーの撮影監督として活動を始める。EXILE、三代目J Soul Brothers、安室奈美恵、浜崎あゆみ、Mr.Childrenなど多くのミュージックビデオの撮影やCMの撮影を中心に活動。映画では『スクールデイズ』(05/守屋健太郎監督)、『シーサイドモーテル』(10/守屋健太郎監督)、「8UPPERS FEATURE MUSIC FILM」(10/中村哲平監督)、『黒執事』(14/大谷健太郎、さとうけいいち監督)、『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズなど。
中川大輔/照明
1973年生まれ。2000年、丹下絋希監督と、撮影監督の河津太郎に出会い、照明の仕事を始める。『LOVE SONG』、『修羅雪姫』(共に、01/佐藤信介監督)のほか、ゆず、BUMP OF CHICKEN、関ジャニ、嵐、AAA、EXILE、E-girls、三代目 J Soul Brothersのミュージックビデオや日本マクドナルド、トヨタ自動車、イオン、CITIZEN、エアーウィーブ、HYGIAシリーズのTV-CMなどを手掛けている。
橋本創/美術
1980年生まれ。『クローズZEROⅡ』(09/三池崇史監督)で初美術監督を担当。主な作品に、『シュアリー・サムデイ』(10/小栗旬監督)、『るろうに剣心』シリーズ、『プラチナデータ』(13/大友啓史監督)『神様の言うとおり』(14/三池崇史監督)、『ライチ☆光クラブ』(16/内田瑛亮監督)、『秘密 THE TOP SECRET』(16/大友啓史監督)や、映画『HiGH&LOW』シリーズなどがある。
岡本立洋/録音
1962年生まれ。主な作品に、『群青 愛が沈んだ海の色』(09/中川陽介監督)、『さや侍』(11/松本人志監督)、『ぱいかじ南海作戦』(12/細川徹監督)、『R100』(13/松本人志監督)、『星ガ丘ワンダーランド』(16/柳沢翔監督)、『オケ老人!』(16/細川徹監督)、『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』(17/松谷光絵監督)などがある。
PAGE TOP

(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会